SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

LucernValley BLOG

ガレージルサンバレーのブログです。
練習、ツーリング、レースのお知らせから、
レポート、SALEまで色々書いていきます。
<< 今年は初心に帰り修行僧 | main | 久々に登場 >>
最近のネタ

いよいよ3月も終わりですね、明日からは新年度の始まりです。 気分新たに色々な事が始まる人も沢山いるでしょう。 当店も元気な新人がオレの何倍も仕事をこなしてくれる事を夢見ています【夢です】

 

そんな夢ばかり見てはいられないので、さぼっていたネタを少し。

 

色々有って放置だった奴を復活させるって依頼です

 

まあ、色々有って乗らなくなったんですね、色々な所が限界越えをしていました。 こうなる少しでも前にメンテナンスをしていれば放置にもならずに、余分なお金も払わずに済んだんですが。

 

特にホイルが小さいバイク(スクーターとか)は、普通のバイクと同じスピードで走ってもホイルはかなり余分に回ります。 その分タイヤの消耗も早いので、マメにチェックが必要です。 距離が有る通勤する人、ツーリングする人は特にですね。

 

次は別機種のブレーキキャリパーのゴムパーツ、形は同じですね

排気量違いで、ブレーキの大きさも多少変わるのでこんな感じで部品も。 なんて事は全く無くて、この部品は実は最初は左の大きさだったんです。 フォークオイルの漏れを放置→フォークを伝わってキャリパーがオイルでベタベタ→そのオイルが長年掛けてゴムをここまで成長(膨潤)させたんです。 勿論本来の役には全くたたず、キャリパーの動きが悪く引きずりまくりでした。

 

フォークオイルが滲んでいても気にせずに乗っている人(特に取りあえず走ればイイよって方に多い)は、結構見かけますが、滲みがいずれ漏れに変わり、フォークを伝わって、キャリパー・ブレーキパッド・ブレーキローターへと次々ダメにしていきます。

 

ブレーキとタイヤはエンジンを含む全ての部品の中で一番大事なパーツです。 フォークを含めてちゃんとメンテナンスをしましょう。

 

さて、最後は珍しい修理が入りました、パンク修理です

エンジンのチェックランプが付いてエンジンが掛からなくなったスクーターの修理ですが、引き取りに行ったら何しろ重い。 これパンクもしてるよと伝えると、え〜普通に走ってたよの返事。 興味が無ければそんなもんなんです。

 

店に帰り、まずはくそ重たいのでまずはパンク修理からと

 

空気を入れようと、

空気が入らん。。。 し、パンクじゃね〜じゃん

空気を入れた際に本来の位置からずらして、それがリヤのブレーキアームに当たって何度も何度も擦り付けられて、ここまで育て上げた代物でしょう、こんな事もあるんですね。

 

そんなこんなで明日からは4月、自賠責保険が安くなる事もあり、納車・車検を待ったお客さん、大変お待たせしました。 仕事を一気に進めますので、もうほんの少しだけ楽しみにお待ち下さい。

| Motorcycle | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.glucv.com/trackback/1554126